So-net無料ブログ作成
検索選択
警戒船 ブログトップ

14-07-24 長時間シフト [警戒船]

昨日より、予定では8月25日まで0500~1900の長時間シフトとなりました。

140724_1.jpgこれはMC-4の埋め立てがいよいよ開始されたためで、我々の被警戒対象はSPC船と呼ばれる、サンドコンパクションパイル工法により海底に砂杭を打ち込み地盤改良を行なうバージです。

場所は完成後にMC-4のガントリークレーンが載る岸壁周辺で、現在稼働中のMC-2の向かい側になります。

奥の方(完成後はコンテナヤードになる)には土運船が往来し、土砂を海中に投じて行くのですが、船底中央部が左右に開く(折れる?)ので、初めて見る人には船が沈没しかけているように見えるかも知れません(写真下)。

140724_2.jpg対岸のMC-1、MC-2に出入りするコンテナ船、SPC船に砂を運んでくるガット船、埋め立て用土砂を運んでくる土運船等が行き交う中、ポジションに注意を払いながら遊漁船やプレジャーボート等の一般船舶の接近等を警戒する訳ですが、たとえ二人で交代しながらとはいえ日の出から日没までの14時間シフトは結構過酷です。

0330船着き場到着出航準備、0410出航、0445現場着、0500警戒開始、1845警戒終了、1915帰港後片付け、1935船着き場を離れ帰路にという一日でした。

14-07-17 今日も楽ちん [警戒船]

0615船着き場に到着すると小型のタンクローリーが来ていて、本日は出航前の給油から始まりました。

この船の給油は初めてなので、給油手順を確認しながら燃料を満タンにし、0640補機(発電機)始動に続いて主機始動。

0700シングルハンドでのもやい解らん及び離岸を行い、警戒海面に向かいます。

140717_1.jpg0725南港管理に入域10分前の報告を入れ、0735現着、業務開始時間の0800まで海域内を流して待ちますが、被警戒対象の潜水作業船が動き始めたのは0910でした。

潜水作業場所はコの字型ふ頭出入り口の中央付近でしたが、午前中は入港するコンテナ船も無く作業は順調に進み1115午前中の作業完了の報告が入りました。

潜水作業船に続いてMC-4の内側に入って午後の作業開始まで再び警戒船を流します。

本日の見物?は、昼過ぎから相次いで入港してきた3隻のコンテナ船、先ず1250、MC-1に小型の内航コンテナ船が着岸、続いて1310ほぼ同サイズの内航コンテナ船が入港してきましたが、MC-1手前で停船しています。

140717_2.jpgそこへ50,000tのコンテナ船が入港してきましたが...どうなるのかとドキドキしながら見ていると、最初にMC-1に着岸していた内航コンテナ船が前進離岸し右舷回頭で出航、その後に停船していた内航コンテナ船が滑り込むように着岸、そのすぐ後ろのMC-2に最後の大型コンテナ船が着岸しました。

狭い海域内で本船の離着岸が分刻みで行われているのを見るのは、結構迫力のあるものです!

で、ひと段落したところで潜水作業船が出るかと思いきや、エンジンは停止したまま...1410、MC-1の内航コンテナ船が出航するのを待っての作業再開となりました。

1510本日の作業終了の連絡が入り、潜水作業船の出域をもって1540警戒船業務も完了となりました(警戒に就いている時間より待機して流していた時間の方が長かったような...)。

1615、船着き場に到着し、出航時と同様シングルでの着岸及びもやい取り(仮に一人で東京へ行くことになったとしても自信を持ってできるようにねとの社長の一言、ありがたいことです。)、後片付けをして1640帰路に就きました。

14-07-09 本日も雨天なり [警戒船]

南港(南本牧ふ頭)に入域する時、ちょうど76,000tのコンテナ船が入港中だったため、スターンを回り込んで0740入域となりました。

家を出るときには雨は降っていなかったのですが、船着き場に着いた途端霧雨が降り出し、1300までは降ったり止んだりの空模様、風は1000までほぼ無風でしたが、その後現場はNE3~4m/secで安定していました。

140709_1.jpg本日は前回に続き、潜水作業の警戒に就きましたが、コの字型のふ頭のほぼ中央部分での作業のため、潜水作業船は、潜水位置に赤旗を投下し、そこから四方50mの位置に4本のアンカーを入れて船を固定します。

1100、コの字型の奥で土揚げしていたガット船が出航するため、南港管理(事務所)の要請により、アンカーの打ち直し作業中だった潜水作業船に、ガット船の出航を待ってから打ち直しを再開して欲しい旨を伝達、その後、ガット船が土揚げしていたところに入ってきた遊漁船を警戒しつつ、1450まで潜水作業の警戒を続けました。

140709_2.jpgこの間の昼休み時間中にMC-1に居た9,500tのコンテナ船が、入域時MC-2に着岸した76,000tのコンテナ船を山越しに後進で出航していきました。

1330からはMC-4の内側に待機していたクレーン台船が、明日明後日の台風に備えてボーリング用櫓を吊り上げ、東京港に退避するための作業を開始しました。

1450潜水作業終了と同時に、ボーリング用櫓を積み込んだクレーン台船の出域エスコートの要請があり、1505出域完了、次いで潜水作業船も出域したところで、1515本日の警戒業務は完了となりました。

140709_3.jpg明日からの台風接近のため、明日明後日の作業は中止との指示をもらいましたが、帰路、南港の水路を抜けて横浜港側に出ると北東風時独特の三角波が立っていて、すでに風が結構強くなっている事が分かりました(現場は南側に開いていますが、三方は囲まれているため穏やかでしたが...)。

本日は、お世話になっている会社の社長の見守る中で警戒船の離着岸を命じられましたが、どうやら及第点はいただけたようです!

14-07-07 雨の警戒船 [警戒船]

本日から南本牧コンテナふ頭での警戒船業務が本格始動となりました。

0620警戒船の係船場所である本牧ふ頭A突堤の根元に到着、簡単な打ち合わせと雑談をしているうちに0700となり、現場である南本牧に向け出航しました。

140707_1.jpg本日の被警戒対象は、埋め立て準備のための海底地質調査を行うため、海上に設置されたボーリング用の櫓です。
警戒業務開始指定時間は0800ですが、現場には0725着、関係各所に現着の報告を入れ警戒船業務開始です。

ヨット乗りなら、港や航路付近で一度は出会ったことがあると思いますが、そもそも警戒船とは何ぞやということの説明が必要かも知れません。

警戒船とは、簡単に言うと、船舶交通の制限が必要となったり、船舶交通が特にふくそうする航路およびその周辺海域における工事等その他、一定の条件下で行われる工事等を行う場合に、関係船舶および実施海域付近を航行する船舶の安全を確保する目的で配置され、航行船舶への情報提供、関係船舶の交通整理、接近船舶への注意喚起その他一定の業務を行う船舶のことを指します。

海上保安庁の手引きによると、警戒船の乗組員は、警戒船の運行乗組員のほか、1名以上の者が警戒業務に専従(専従警戒要員)できる体制を整えることが要求され、専従警戒要員は業務講習を受講し必要な知識、技能を習得している必要があるとなっています。

小型船舶による警戒船は、船長および警戒員の2名体制が一般的ですが、長時間の警戒業務で交代しながら運行できるよう、専従警戒要員であっても小型船舶操縦士、海上特殊無線技士の資格と実際の技能が要求されるのが実態のようです。

140707_2.jpgさて、話は戻って本日の警戒業務ですが、南本牧ふ頭の通称MC1、MC2区域は実際に稼働中で大型のコンテナ船が入出港し、その対岸にあたるMC3区域は埋め立て済み、担当区域はMC4と呼ばれるこれから埋め立てを行う区域となります。

業務開始早々の0800、MC2に96,000tクラスのコンテナ船がタグを伴い入港してきました。しばらくすると遊漁船がMC3付近に入って来ましたが、こちらはMC4区域に接近してこないか監視が必要です。
また、MC4区域内に埋め立て用の土砂を運ぶ土運船が櫓の傍を航行するため、こちらにも注意を払う必要があります。

とは言え、昨日とは打って変わった梅雨らいし雨がそぼ降る中、昼過ぎまでは櫓の周囲を警戒する比較的楽な業務です。

140707_3.jpgそうこうしていると、暫くして潜水作業を開始するのでそちらの警戒に就いてもらいたいとの連絡が入り、1410からは潜水作業船の周辺警戒を行うこととなりました。

潜水作業はダイバーが海中に居るため、特に警戒を要しますが、コの字型のふ頭の一番奥で行われたため接近してくる船舶も無く、警戒船の定位を維持する操船が主な内容となりました。

1500ダイバーが浮上し、潜水作業は完了したようで、さてこの後は?と見守っていると、潜水作業船の出域をエスコートして警戒業務を終了して下さいとの連絡が入りました(ラッキー!)。

という訳で、1510南本牧ふ頭を出域し本日の警戒船業務は終了、1540早めの係船場所への帰着となりました。

140707_4.jpg南本牧ふ頭における警戒船は、当面写真左中央の船で行うことになりますが、この船は旧一級小型船舶操縦士の教習船「青雲」と同型船で、比較的操船が楽な船です。

今後、南本牧ふ頭で警戒業務に就きますが、みなさん見かけても接近して来ないで下さいね!
工事区域への通航船舶接近を警戒するために配置されているのに、警戒船目当てに接近されたのでは本末転倒になってしまいますからね~...
警戒船 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。