So-net無料ブログ作成

11-07-18 多比帰港 [クルーズ・回航]

0430起床、Y花さんの目を覚まさぬようそっとテンダーに乗り「Suzy」から、「波勝」というより横抱きさせていただいている「PointStar」に移動しました(Y花さん、ご挨拶もせずに失礼しましたが、お世話になりました)。

さすがにこの三連休、十数艇はあるはずのテンダーが全て出払っているため、テンダーを残しておかないとDonさんが上陸できなくなってしまうのです。

さて、午後になると台風6号(マーゴン)の影響が出始めるようなので、初日からVoyさん達の帰宅に合わせ「波勝」も早朝に安良里を出港しようと決めていました。

Donさんにお別れの挨拶をして、「波勝」で「Voyager」に立ち寄り、小太郎君のトイレタイムのため一旦漁協前の岸壁に係留後、0540に安良里を出港しました(ちょうど上陸するVoyさん達のテンダーとすれ違い、最後のご挨拶)。

110718_1.jpg黄金崎を回ると、風はNNE4m/sec程度でほぼ真向かいですが、フルメインの機帆走で北上を開始します。

宇久須沖では若干良い風が入りましたが、それ以外はローリング抑制のためにメインを効かせている感じで、風浪は無く1.5m前後の波長の長い南からのうねりがスターンを押してくれます。

前方には教科書に載っているような傘雲を被った富士山が見え、天気が下り坂であることを教えてくれます。それにしても西伊豆の富士はデカイ!

朝ビーを呑み終え、コッコさんと大王が走りながら準備して下さったご飯と味噌汁を猫マンマ(なんか久しぶり)にして朝食を取りながらの帰路となりました。

110718_2.jpg0700戸田沖にさしかかった頃にはうねりが若干高くなり始めたようで、岩に砕ける波は結構迫力があります。

それでも岸ベタで行く限り穏やかで、0730には大瀬崎を回り0805には古宇の桟橋に着岸しました。
ここで、食器洗いとタンクに清水を補給し、酔っ艇さんとはお別れです(ご一緒できて楽しかったです!)。

若干うねりの影響が出始めた桟橋を0840に離岸、多比まではセールを揚げずに機走し、0915多比ヨットクラブ(TYC)の桟橋に無事着岸しました。

110718_3.jpg荷物と小太郎君を下ろし、フィッティングの解除とデッキの水洗い等後片付けを行いましたが、揺れるお家からようやく開放された小太郎君のこのホッとしたような顔が可笑しくありませんか?

その後、係留ブイに「波勝」を移し1010大王の運転で多比を出発(S倉さん、今回は同乗させていただきありがとうございました。また、よろしくお願いします)、恐れていた渋滞にもまったく会わず、1210にはコッコさん宅前を通過し近くのラーメン屋で昼食を取り、コッコさん宅に置かせていただいていた車で帰宅しました。
なんと、帰りは来る時の5分の1約30分で家に着きましたが、これが正常ってもんですよね!

大王、コッコさん、最初から最後までお世話になり、本当にありがとうございました。そして、今回オザ坊爆弾低気圧の被害?に遭われたみなさん、早期の復興?をお祈りします。
お疲れさま&ありがとうございました!安良里に来て良かったね、オザ坊!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。