So-net無料ブログ作成
検索選択

11-07-16 再び安良里へ [クルーズ・回航]

「Suzy」の回航を終え帰宅するとまもなく、今度の三連休に徳島からオザ坊が安良里へやって来るという情報が、とあるSNSを駆け巡り、西伊豆軍団は大騒ぎとなりました。

迎え撃つSNSメンバーは、オザ坊にアッシー役を命ぜられた安良里のVoyさんを筆頭に、多比の大王、コッコさん、重須のHope3さん、古宇の酔っ艇さん、安良里のDonchuckさん、地元西伊豆の西いずラさんと横浜から参戦の私、これに安良里に浮かぶ数艇が加わるに違いありません。

私は大王の「波勝」で安良里に乗り込むことになり、コッコさん宅に向けて1100自宅を出発したのですが、僅か21kmの道のりに2時間半もかかるほどの渋滞、予想はしてましたけどバイパスと東名の事故で麻痺状態、先が思いやられます。

110716_1.jpg大王特製の納豆蕎麦をいただき早々に多比に向けてコッコさん宅を出発、東名はあきらめ国道246、小田厚、箱根新道を通って1750ようやく「波勝」にたどり着きました(大王、運転お疲れ様でした)。

「波勝」で待っておられたもう一人のオーナーS倉さん大変お待たせしました!
タップリの食材と荷物を積み込み1815多比を出港、フルメインの機帆走でスターボードサイドに富士山の山頂を眺めながら、酔っ艇さんを拾うべく古宇に向かいます。

1850古宇の桟橋で氷と酔っ艇さんを拉致し、いざ出陣、日中の日差しと渋滞も忘れる程の気持ちよさです。

110716_2.jpg風は真向かいになると思っていたのですが、大瀬崎を回りこみ徐々に南に針路を変えるに従って良い具合に風も回り、ずっとクローズホールド一杯の風を受けて機帆走することができます。

この頃にはすっかり暗くなり、今回「波勝」で3回目の安良里行きなんですが、なぜか全部ナイトなんですよねぇ~などと話していると、綺麗な月が出てきました。

戸田を過ぎた辺りで、大王からちょっとお願いとヘルムスを託され、大王はキャビンでなにやらゴソゴソ、ビールのつまみを並べ終えてもゴソゴソ・・・
コッコさんの愛犬柴犬の小太郎君はティラーを握る私の腕にあごを乗せ、物欲しそうな目でつまみをジ~っと眺めているし・・・なんか平和だなぁ~って気分、やっぱ夏はナイトが最高ですね!

てな具合であっという間に黄金崎沖に到着、入港針路に乗せたところでヘルムスを大王に返し入港準備、2150安良里に到着すると、Voyさんがオザ坊と共にテンダーでお出迎え、「Voyager」に横抱きかと思いきや、ついて来てのお言葉に従い「PointStar」に横抱きとなりました。

110716_3.jpg「Suzy」のY花さんは?と聞くと、既に安良爺連に取り込まれ別艇で宴会中とのこと・・・あらら
で大王のこれから猪鍋やるよの一言で、Voyさんはメンバー移送のためテンダーを走らせます。

聞けば猪肉は九州のOldboyさんが送って下さったものとか、Oldboyさんご馳走さまでした!

復帰早々、西伊豆軍団ほぼ全員と顔合わせもできたし・・・そうそう、今回のきっかけになったオザ坊とも昨年の瀬戸内海クルージング以来の再開、明日はお隣の田子でアンカーリング&スイミングだというのに、みなさん深夜まで食材とアルコールの消費に励むのでありました。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。