So-net無料ブログ作成

11-07-01 安良里へ [クルーズ・回航]

事情により休止していましたが、Yachting活動再開と同時に本ブログも再開します。

さて、再開第一弾は・・・いきなり東京夢の島マリーナから西伊豆の安良里までYAMAHA-30C「Suzy」の回航となりました。

6月下旬オーナーのY花さんより、ホームポートを安良里に移したいので回航を手伝ってもらえないかと連絡をいただき、天気と相談して7月1日から4日にかけて、夢マリ→三崎→波浮→下田→安良里という航海計画を立てました。

110701_1.jpg0740、8ヶ月ぶりの夢マリに到着してY花さんと二人で出港準備を整え、0840Tバースを後にしました。今回の回航は新月の大潮なので、潮を如何に利用または回避するかがポイントになるところです。

1500前後の走水から観音崎沖が1.5kt強の上げ潮となりそうなので、浦賀水道航路の北(千葉県)側を通り、二番ブイから剱を目指すコースを採ることにし、風の塔通過後中の瀬航路北側出入り口の東にヘディングします。

ダブルハンドでの長丁場となるのでオートパイロットをセットし、出来るだけ体力を温存しながら南下を続け第二海堡手前で上げ潮が流れ始める時間となりましたが、最速となる前には観音崎沖を通過できそうです。

110701_2.jpg110701_3.jpgふと浦賀水道航路を見ると、防衛大学校を背景にMST463掃海母艦「うらが」が南下して行くところでした。

1350第二海堡を通過し4番ブイを目指していると今度はDDH181「ひゅうが」が浦賀水道航路に入ってきました。前部甲板に黄色いクレーン車らしきものを搭載しているのは災害復旧支援の帰りなのでしょうか。
2番ブイ通過の少し前、何かの試運転?先ほど南下していった「うらが」が戻ってきました。

さて、2番ブイを通過し見えない剱にヘディング、今日は金曜日の割りに本船が少なく殆ど本船を避けることなく1620剱崎沖を通過、定置網を避けるため何時ものように沖だしして城ヶ島大橋を見ると、あれれ~見慣れない建物が並んでいる・・・

その中の見慣れた建物を橋桁の間に入れて三崎港東側の入り口にヘディングし、1715無事三崎港うらり桟橋に着岸しました。

110701_4.jpg今年の4月から管理がスバル興産に変わったそうで、平日の係船料は1,000円になったとは知りませんでした。見慣れない建物といい半年以上のブランクは意外と大きい感じがしました。

係船受付の洒落た建物(トレーラーの改造だそうなので正確に言うと建物ではありませんが・・・)の階段テラス工事中の担当の方と暫し雑談して、Y花さんといつものネタの回っていない回転寿司さん和で液体及び固形燃料を補給後、「Suzy」で液体燃料を補給しながら夜は更けて行くのでありました。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。