So-net無料ブログ作成
検索選択

10-09-12 メンテと云う名の寄合 [整備・その他]

10日、JSCNの方にGomachanから「メンテナンスと云う名の寄合いです」というメッセージが届き、「今回は人手は十分ありますので時間がれば遊びに来てください YCC 日曜 10:30頃~」ということでしたので、いただいたメッセージどおりに遊びに行ってきました。

横浜クルージングクラブ(YCC)は家から車で10分のところ、ヨットを始めた頃乗っていたK-30、K-33建造の地でもあり、昔からよく出入りをしていたところです。

しかも、新艇から乗っていたK-33が里帰り?した「BACCHUSⅡ」(旧「瑤沙」)が係留されているハーバーでもあります。

1025YCC着、その「BACCHUSⅡ」のH島さんともお会いでき、先ずはO本さんの艇で一服していると、取り寄せたエンジン冷却水用のキングストンバルブの径が合わなかった・・・とS井さん、本日ひとつ目のメンテ項目は不発となりました。

Gomachanのブログを見ていただくと分かりますが、現在の係留場所は、浮き桟橋?(貯木場跡地なので筏と言った方が良いかも)が固定されておらず、風向きによって入り口側の2艇が接近し出入りできない状態になるので、係留場所を移ることになったそうです。

そこで本日のメインイベント、船検切れの同型KQ25との入れ替え作業です。先ずは船検切れの艇をロープで引いて移動させようということのようですが、それだけの長さのロープが無く、自艇での曳航を提案しました。

100912_1.jpg曳航完了後は後進で出なければならないのですが、案ずるより生むが易し、いとも簡単に移転作業は完了してしまいました。

それにしても日差しは未だ真夏並み、KQ25(未だ新しい船名が決まってません)メンバーが舫の移設作業を黙々とこなしているのを眺めながら、私はオーニングのかかったO本さんの艇でビールを呑んでました^^;

移設作業を終えたKQ25メンバーがO本艇に集合し、冷たいアルコール類&焼きそばランチ後はポートサイドのバウ側ロアシュラウドの交換作業をすべく準備開始です。

K藤さんがマストに上り、新しいシュラウドの長さを合わせてみると95mm短い・・・ターンバックルの余裕を測ってみると60mmしかないので取り付けできず、どうやら注文サイズ自体が間違っていたそうです。で、これも不発に終わりました。

結局、私はブームカバーのスナップバックル交換の針仕事を請け負い、ムアリングポールの取り付けも終わったところで、その後は新しい場所での離着岸練習となりました。

100912_2.jpg新しい場所は「コ」の字の突き当たりにポート着け、前後に艇があるので余裕は1.5艇身以下です。

先ずはシングルハンド時の離岸方法として、スタボのスタンラインを残し微速前進をかける(舵は中央)とバウが出口を向くので、スタンが桟橋から十分離れたところで面舵一杯、スタンラインを切って離岸完了です(この方法は、重くて小回りの利かないハンスクリスチャンで良く用いました)。

「コ」の字の開いた部分でその場回頭して、今度は着岸(桟橋に直角に侵入して直前で右90°回頭)、これを各メンバーが練習しました(メガネを掛けていなかったのですが、お手本をとか言われ、それでも何とかスムーズに離着岸させることができたと思います)。

その後は、再びO本さんの艇で飲んだり(車なのでこの時点ではノンアルコール)話したりして楽しい時を過ごし、1900帰路に就きました(と言っても、10分後には自宅に到着)。

Gomachan、今回は寄り合いにお誘いいただきありがとうございました。しばらくお会いしていなかったみなさんともお会いでき、楽しい一日でした。また、お願いしますね!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。