So-net無料ブログ作成
検索選択

11-07-17 田子尊之島 [クルーズ・回航]

昨夜のお開きは何時頃だったか・・・メンバーは「PointStar」、「波勝」、「Voyager」に分散し、私は「Suzy」に泊まりました。「Suzy」に移ってからY花さんと話して寝たのは0200頃だった記憶が・・・

110717_1.jpgさて、0700目が覚めデッキに出ると、波勝も既にお目覚めのようです。

テンダーでY花さんと「波勝」に移って、先ずは朝ビーなどとやっていると間もなく、Voyさんが朝食の特製Voyサンドを持って登場、快晴ながら涼しい朝のひと時を堪能する面々でありました。

台風6号(マーゴン)の影響は未だなく、暑い一日になりそうです。田子行きは「波勝」と「Voyager」の2艇、私は「Voyager」でアッシーVoyさんの見習い?をすることにしました。

0910ブイを離れ、安良里を出ると雪の無い富士山がくっきりと紺碧の海に浮かんでいます。西伊豆の富士はデカイのだ!

0945、目的地の田子尊之島の東側にアンカーを下ろし、「波勝」のドッキングも待ちきれない様子でオザ坊は海にドボン、この後の展開は、ファンテールのブログ[田子海水浴大作戦!!]真夏の夜は!安良よっと[に..西の魔女!オザ坊の秘密...暴露篇]をご参照下さい(一部ネタ被りあり)。

110717_2.jpgアンカーワッチは「Voyager」のフィギュアヘッド?湯婆場に任せていましたが、振れ回しで360°回転し「波勝」のアンカーロープと交差したのは明らかだったので「Voyager」のアンカーロープを外して交差を解き抜錨に備えました。

1250、遠征先の千葉県は那古船形からわざわざ9時間かけて陸路駆けつけたHope3さん(こちらはToppageの[西の魔女再び]をご参照下さい)が田子に着いたとの連絡があり、「Voyager」は抜錨して田子漁港の岸壁に向かいます。ダイパパ親子が上陸するのと入れ替わりでHope3さんを乗せ、「波勝」へ向かうと・・・あれ?抜錨してる?それにしては・・・

後から聞いたら、「Voyager」が抜錨したら流されたらしい・・・実は、投錨位置が砂地と海藻の境目辺りに見えたから、その可能性はありそうなどと話していたのでした。

110717_3.jpg大王特製の絶品鴨葱蕎麦を食べ損ねたHope3さんを乗せてそのまま安良里に向かうと、「波勝」も後に付いてきました。
前方には噴煙を上げているかのような雲を頂いた富士山が見えます。

1400安良里に戻り係留ブイに艇を固定し、「波勝」はと見ると奥の岸壁や漁協前の岸壁に行ったりと何やら忙しそう、こちらはノンビリとしながら晩の算段・・・がしかし、Donさんが「よこ田」に電話を入れると今日は一杯と断られてしまいました。

それにしても今日は、強烈な日差しと初泳ぎ、朝から呑み続けているアルコールのおかげで全員バテ気味のようです。

その後はと言うと、Voyさんのアッシー見習いが功を奏したのか、私はテンダーで両艇の連絡を取り晩飯の算段をしたり、メンバーの移送をしたり、アジフライ(Donさんがオザ坊のためにと二人前だけ確保)を取りに行ったり、風呂に行く女性陣を送迎したり、帰るゲストを送ったり・・・・・ふむ、こう書き並べてみると、食べて呑んでいる以外は通船の船長といったところだったような・・・
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。