So-net無料ブログ作成

10-09-05 レース観戦? [クルーズ・回航]

今日は大王を誘って「みずなぎ」に乗ります。0850、横浜駅東口で大王をピックアップして東京夢の島マリーナへ、0915夢マリに到着してマリンセンターの前を通りかかると央ちゃんが一服中、氷を購入して「みずなぎ」に到着すると、K添さんとK都さんが既に到着されていました。

100905_1.jpg0940、K添さんのヘルムスで出港、三枚洲の3本目の立標を越えたところでセイルアップし浦安沖灯漂にヘディング、風はSSE3~4m/sec、浦安沖合いに錨泊中の「海王丸」手前では珍しくFJクラスのレース中のようです。

スピンを展開中のディンギーレースを観戦しながら浦安沖灯漂を通過し幕張の高層ビル群にヘディング、今日はヨットマンさんが頑張っている船橋の「PreーSHIREASE’s Cup」を観戦に行こうという企みなのですが、風が落ちてきてしまいエンジンスタートで機帆走開始、のんびりし過ぎたのでレース終了までに間に合うかどうか・・・

市川水路入り口の南を通り船橋水路5番、7番ブイの中央手前でセイルダウンし機走でサッポロビール工場前の海面を目指します。

100905_2.jpg1145、「SHIRASE」に向かいながらセイルを下ろしているヨット6艇を確認、どうやらマッチレース「PreーSHIREASE’s Cup」が終わり凱旋パレードに入ったところのようです・・・やはり間に合わなかったかぁ・・・

「SHIRASE」の船上ではレースの模様を白石康次郎さん(2年前の7月27日に「しあわせロハス」の収録でハンスクリスチャン43T「Bambino」にモデルのSHIHOと乗艇いただきました)が解説していたようで、優勝したヨットマンさんの「MilkyWayⅡ」に「SHIRASE」船上からなにやらロープで渡され、上手く受け取った瞬間、一般の観戦者から拍手が起こりました。

その後、ヨットマンさんと挨拶を交わしてレースに使用したマークを回収している参加艇を見ながら、1200帰路に就きました。

船橋水路を機走で北上、5番ブイ手前で水路の西に出てセイルアップし浦安沖灯標にヘディング、クローズホールド一杯でどうにか船橋沖灯漂をかわせるかどうかといったところで、風は4m/sec艇速は5.5knと順調です。

100905_3.jpg浦安マリーナの入り口である見明川沖で大王にヘルムスを交代、浦安沖灯漂手前で風は5m/sec、灯漂を回り若洲の風車にヘディングした時点では6m/sec、途中7m/secまで上がりました。

若洲手前で小型の練習海面を避けるため2タッキングしてベア、三枚洲の3本目の立標を越えたところでいつものようにジブのみのクローズホールドでメインダウン、ジブのみの真追っ手で湾岸荒川橋手前まで帆走って後は機走という南風のパターンで帰港します。

ヘルムスは大王にお任せのまま、1410ホームバースに着岸、ベテランの大王に乗ってもらったことで「みずなぎ」メンバーのK添さん、K都さん、央ちゃんには良い刺激になったようです(大王ありがとうございます!)。

その後はビールサーバー搭載艇の「みずなぎ」、酒宴が始まったのも何時ものとおり、会議があるとかでA戸さんと入れ替えにK都さんが退艇、調子こいて呑んでいたので大王を送ることができず、電車でお帰りいただくことに・・・大王ごめんなさい!

そんなこんなで、2000今日のレース観戦?クルージングはお開きとなりました。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 7

kawazoe

Hoota様 大王さま
ご指導ありがとうございました。
大変勉強になりました。
次回はもう少し気の効いた肴を用意いたします。
またおいでください。
by kawazoe (2010-09-08 03:58) 

hoota

kawazoeさん、いつもありがとうございます。
ベテランと乗ると、何かと勉強になるものです。
写真を見てもやはりジブのラフの緩みが気になりますので、今度何とか対策を考えましょう!

by hoota (2010-09-08 06:37) 

スコッチ3000

Hoota様&大王さま

良い勉強になった上に、お喋りの方でも実に楽しめました。ありがとうございました。

またお待ちしておりま~す。

by スコッチ3000 (2010-09-09 17:51) 

hoota

スコッチ3000さんこと、央ちゃん、
大王共々お世話になりました。
また、大王誘いますね!
by hoota (2010-09-10 05:37) 

大王

今回はお招きいただき(無理に押し寄せました)有り難うございました
西伊豆に比べれば水の濁りは仕方がありませんが 透明であろうと濁っていようとヨットは浮きますから関係ありません
 私の知識でよければどんどん引き出してください 怪我や事故に遭わない事が優先ですが 遭ってしまった時の対処法やその後無事に帰ってくる方法など次回お話しませんか?
ジブファーラーの紐は一度はずして 数回巻きなおせば態々セールを下ろさなくとも出来ますし ジブハリが揚りきらないのであれば ラフの下の方にアイを開けて引き込む方法もあります
次回も是非誘ってください 餌は持参します
by 大王 (2010-09-10 20:27) 

新高丸

こんにちは、新高丸と申します。

 仕事の関係で、なかなか海に出られないこの頃、

 ネットの海をセーリングして、東京湾に参りました。

 私のホームポートである三河湾とは、また違った風景に

 ほお~ってなりました。

 またちょくちょく立ち寄りいたします。

by 新高丸 (2010-09-11 15:23) 

hoota

大王、「みずなぎ」は愉快なメンバーばかりですので、ぜひまたいらして下さいね。
知識&ノウハウの伝授もよろしく!

新高丸さん、はじめまして。
お立ち寄り&コメントありがとうございます。
三河湾はいつも沖を通過してばかりで、未だ湾内を訪ねた経験がありません。
こんなブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。
by hoota (2010-09-11 20:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。