So-net無料ブログ作成

にっぽん丸 10/7/19 長崎 [乗船記]

乗船4日目、昨日、昼寝ならぬ夕寝をしたためか、04503 に目が覚めると、窓の外がきれいに朝焼けていた。
100719_1.jpg今日の日の出は0525、東側には九州が横たわっているため、水平線からの日の出とはいかないが、せっかくなのでデッキに出て日の出を眺めることにした。

昨夜からの航海は、屋久島までとはうって変わり(と言っても大したことはないのであるが)、殆ど揺れを感じられないほど穏やかである。

「にっぽん丸」は、かつて炭鉱として賑わい、現在は廃墟となっている通称軍艦島(端島)の至近を通り、ゆっくりと北上を続ける。

100719_2.jpg0630、ラウンジで風景を楽しみながらコーヒーを飲んでいると、長崎半島の西に浮かぶ高島を過ぎようとした辺りで、メインとステイスルを揚げ、機帆走で近づいて来るカッターリグのヨットを見かけた。今回のクルーズで初めて目にしたセイルである。

いつもと異なり、高い位置から見下ろすヨットが、何フィートくらいなのか見当をつけ難いことに多少の戸惑いを覚えたのは新鮮な驚きであった。

0700、オーシャンダイニングで朝食を取りながら、ゆっくりと流れて行く景色を眺める。しばらくすると、「にっぽん丸」は、ながさき女神大橋をくぐり、いよいよ長崎港に入港だ。
100719_3.jpg港内で時計回りに小回りをてし、0740 松が枝国際観光埠頭に出船で静かに着岸した。

今日は、長崎の街にも近い岸壁に着岸することや、平成に入ってから復元作業の続いている出島を見たかったということもあり、オプショナルツアーには申し込まず、フリーで上陸することに決めていた。

1015、「にっぽん丸」を降り、桟橋近くの「長崎氏べっ甲工芸館」に立ち寄ってから、徒歩で出島跡に向かう。

出島跡には何年頃か記憶に無いほどの大昔に来たことがあった。しかし、いつ、何で見たかは覚えていないが(こちらは歳を取ったためか・・・)、現在、復元作業が進められているらしいとの認識があったため、この機会に、ぜひ訪れてみたかったのである。

100719_4.jpg強烈な日差しに少々閉口しながらも、1100 なんとか出島和蘭商館跡にたどり着くことができた。詳細は割愛させていただくが、復元途中ながらも想像以上の出来映えに感心し、2時間以上をかけてすべてを見て回った。

これだけ歩けば、しっかりと朝食を取ったとしても、当然お腹はペコペコである。そうとなれば、次なる目的は好物の皿うどん、足は自然と長崎新地中華街へと向いてしまう訳であるが、実は、はなっから予定の行動なのであった・・・

生ビールと、ソースをたっぷりかけた皿うどんを堪能し、一息ついたところで、明日の瀬戸内海クルーズに備えて缶ビールを仕入れ、1400 帰船した。

100719_5.jpg1645、地元長崎市立長崎小学校のブラスバンド演奏と見送りを受けて、1700 定刻どおりに長崎港を出港する。

小学生たちの「長崎にまた来てねぇ~」の可愛らしい声に、乗船客の殆どは、孫に見送られているような気分になったのであろう。振舞われたシャンパンの酔いも手伝ってか、あちらこちらから「また来るよ~」と、大きな声が上がり、横浜港出の時より大いに盛り上がっていた。

長崎港出港時には、機走するヨットが3艇見られた。

100719_6.jpg100719_7.jpg100719_8.jpg

これから、関門海峡を抜けて瀬戸内海に入るべく、暮れてゆく九州北部西岸を北上して行く。その直前に、思い入れのある場所を通過するのであるが、それは日付が変わってからである。
それまでは、今日もネプチューン・バーで一杯やりながら過ごすとしよう。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

O橋

Hoota さん

ゆっくり時間が流れているような、空間での旅、素敵ですね。
私も乗ってみたくなりました。

今回の日本丸のブログへのお願いですが、
お二人で素晴らしい時間を過ごされていると想像していますが、
ブログからはHootaさんお一人で乗船されているように
感じてしまいます。
照れ屋のHootaさんには難しいかも知れませんが、
お二人で楽しまれている情景の描写を
していただけると、より日本丸の旅が立体化し、
意識的に隠されている、楽しさがこちらに
伝わってくるのではと思っています。
よろしくお願いします。

お二人で大いに楽しんでください。
by O橋 (2010-07-21 09:28) 

hoota

O橋さん、
ありがとうございます。
ご指摘のとおりなのですが・・・なるべく書かないようにしていました。
船内での色々なイベントや、食事風景を書くのも何ですし・・・ご夫婦で乗船を計画されている方には、まったく参考にはなりませんね^^;
でも、ちゃんと楽しんでいたことだけは、この場でご報告しておきます。その証拠に、写真を700枚以上撮りましたから!
by hoota (2010-07-21 11:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。