So-net無料ブログ作成
検索選択

にっぽん丸 10/7/17 終日航海 [乗船記]

乗船2日目、0500日の出後間もなく目が覚める。天気は文句なしの快晴、船内からだと風は分かりづらいが、波を見る限りSW5m/secの風のようだ。

0630のOpenを待って ブリッジの上階にあるホライズンラウンジにモーニングコーヒーを飲みに出る。
ラウンジ内には、中央の左右にコンパスが設置されているが、左右で20°以上の誤差があり、自差もそれぞれ大きいようなので、実用的とは言えない代物だった。

コーヒーを飲み終え、0710オーシャンダイニング「春日」にてアメリカン・ブレックファーストの朝食を取ることにした。
メインダイニングでの和食も選べるが、朝からガッツリと食べていたのでは、胃が幾つあっても足りそうに無いのである。

100717_1.jpg0905 潮岬の南を通過した。海面は穏やかで殆ど波が無いと言って良いほどであるが、黒潮が接近する岬だけあって、所々にハッキリとした潮目を見て取ることができる。

当初航路図を見たときには、もっと沖を通るものと思っていたのだが、天気も良く穏やかな日和となったためか、どうやら各岬に接近するコースを取るようである。

1100より ラウンジ「海」にてピアノ演奏を聞きながらのんびりと過ごす。昼食はY田さんお薦めのホットドッグ(実は軽食として、何時でも食べられるものなのだが)を試すことにして、ダイニングには行かなかった。

1230、リドテラスでお目当てのホットドッグを頬張り、1315からの船内ツアーに参加するも、ブリッジの見学は含まれておらず、少々がっかりである。

100717_2.jpg船内ツアーと称して船内各階を案内されていた1330、室戸岬の南を通過した。予定時刻より1時間45分早い通過である。
岬巡り?で距離が伸びる分を考慮してかどうかは分からないが、今日に入ってからここまでは、大体19.5kn平均で航行していた。
予定は余裕を見て定め、実際は予定より早くなるというのは航海計画の基本である。
しかし、このままでは夜明け前に宮之浦港に到達してしまうであろうと思っていると、室戸岬を越えた辺りからエンジン回転数が下がったように感じた。

1400、キャビンに戻り船速を確認してみると、やはり16.5kn平均となっていた。
そこで余計な心配はヤメにして、冷蔵庫で冷やしておいた缶ビールをグビッとやることにした。
これが堪らない!午後はこのままキャビンでのんびり、シエスタと洒落込むことになったのは、当然の成り行きである。

2時間ほどゆっくりできたが、そろそろ夕食の支度を始めなければならない。
支度と言っても身支度の方であるが、今晩はウェルカムディナーと船長主催のカクテルパーティーということで、ドレスコードはセミフォーマル、女房孝行のためには、素直にネクタイを締め、上着を着用した方が良さそうである。

100717_5.jpg身支度を終えキャビンを出る間際の1730、雲が切れて足摺岬が顔を覗かせた。本日、デイライトでの3つ目の岬通過である(大王崎は、未明の通過であった)。

予定では1900頃となっていたので、1時間30分早めである。室戸岬より15分予定時刻に近づいた訳であるが、ここであることに思い当たった。

さて、それはさておき、「にっぽん丸」自慢のウェルカムディナーの方はというと、白と赤のハウスワインを飲みながら味わったが、船で出されるディナーとして十分満足のゆく味・・・ハッキリ言ってしまえば、評判に違わず ―うまい― の一言・・・であった。

その後、カクテルパーティー、マジックショーと続き、一休みしてから星空を見にデッキに出ることにする。
晴れた夜、クルーズ船で満天に輝く星を見たかったら、最上階のデッキに出てはいけない。なぜならば、大抵の船は少なからずライトアップされているのだから・・・

しからば何処へ行けば良いのか・・・ナイトセーリングの経験豊かな方なら直ぐにお分かりいただけると思うが、それはブリッジより前方のデッキだ。
船長以下、航海士の夜間視力を確保するため、ここだけは航海灯以外の灯火が殆ど無く、不夜城の如く輝くクルーズ船にあって、唯一周囲の暗闇が保たれている場所だからである。

2300、久しぶりに見事な天の川を見上げて疲れた首の血行を回復すべく、今日もネプチューンバーへ行き、部分喫煙場所でのパイプ喫煙OKとの情報を得たところで、終日航海の一日が終わりを迎えた。

100717_8.jpg100717_7.jpg100717_6.jpg

そうそう、ディナー直前に思い当たったことについてであるが、九州周辺はうねりが残っていて、風が強くなるのではないか。更には、航海始めのメインイベント時間に、一番揺れの少ない針路と航行速度を確保するためだったのではないかということであった。
それは、船長主催のカクテルパーティーにおいて、船長が、明日の屋久島入港のために、急遽タグボートをもう一艘追加手配したと語っていたことや、イベント開催時間中の航行速度が15kn未満であったことから、確信に変わったのである。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

ヨッシー

豪華客船での船旅、羨ましい限りです。存分に楽しんで、今度土産話しを聞かせてください。
今日はSuzyの初レースです。完走目指して頑張ります!
by ヨッシー (2010-07-18 04:39) 

hoota

初レースは如何でしたでしょうか?
私の方は、屋久シカ、屋久ザルにも出会えてご機嫌です。
by hoota (2010-07-18 13:48) 

ヨッシー

風速S10~13m/secの中、Suzyの初レースはクラス10位でした。強風の中上りでは苦労しましたが、帰りは真追っての中ポールを使用しての観音開きで快走しました。トラブルも無く楽しい一日でした。懇親パーティではいつもの如く大いに飲んでただの酔っ払いと化しました。
にっぽん丸もこれから瀬戸内海ですね、どのような航海になるんでしょうね、次の乗船記を楽しみにしております。
by ヨッシー (2010-07-19 06:39) 

hoota

トラブル無しが一番ですね。
瀬戸内海では、ひょっとすると、四国のヨットが見送ってくれるかも知れません。
by hoota (2010-07-19 09:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。