So-net無料ブログ作成

09-10-12 保田から [クルーズ・回航]

今日は3連休最終日、各艇が母港へ帰ります。私は、「みずなぎ」に便乗して東京夢の島マリーナで降ろしてもらうことに。

昨夜は「みずなぎ」に泊まり0700起床すると、H田さんが朝げの準備をされていました。

漁協のトイレを借りて出てきたところで旧友のH内君とバッタリ、聞けば昨日の諸磯船団(諸磯~保田レースとのこと)の一員として入港していたとのこと、3年前の新島以来久しぶりの再会でしばしトイレの前での長立ち話(臭い話は無しでしたが)となってしまいました。

091012_1.jpg「みずなぎ」に戻り朝食をいただきながら、ふと3番桟橋の先端を見るとYCCの「Dingo」の向こう側に旧「瑤沙」である同じYCCの「BACCHUSⅡ」が目に入りました。

YCCに係留されているのを目にして以来、ぜひ一度オーナーの方にお会いしたいと思っていたのですが、まさか保田でお会いできるとは思ってもいませんでした。

さっそく出向くと、幸いオーナーのH島さんがコックピットにおられたので、念のため旧「瑤沙」であることを確認、新艇から乗っていた者であることを名乗ると快く乗艇を許可して下さいました。

中を拝見すると、殆ど変わっておらず懐かしさがこみ上げてきました。すると、当時の航海日誌を大切に保管して下さっているとのことで拝見させていただき、若かりし頃の自分の筆跡を確認、昭和54年の進水以来の「瑤沙」での日々が鮮やかに蘇りました。

快く乗艇を許可していただいたお礼という訳ではありませんが、H島さんを「Bambino」にご案内し、お互い今後ともよろしくということで、1年越しの願いが思いがけずも叶った一日の始まりとなりました。

土日や連休は湾奥で講習会か「Bambino」でクルーズにでかけていることが多いため、休日に保田にいることが少なかったのですが、今回3連休を保田で過ごしてみると、周りを見渡せば知っている顔だらけ・・・それだけ狭い世界ということですが・・・たまには休日に保田に入り浸るのも楽しいものでした。

さて、「みずなぎ」は0830保田を出港、私は口煩くよく独り言を言う荷物ということで便乗させていただいているので操船には手を出さず、たまに口だけ・・・あくまでも独り言です!・・・を出しながら、デッキに居るよりも船内で過ごしていました(半分位は寝てましたが)。

091012_2.jpg保田を出港して金谷沖の定置網手前でメインをアップ、定置を越えたところでジブをアップし、5回ほどタックを繰り返しているようです。デッキに出ると浦賀水道航路2番ブイ横をかなり岸よりに北上し、ポートタックのクローズで東京湾観音にヘディングしていました。

船内に戻って暫くするとエンジンがかかり機帆走、風が弱まったことと第二海堡手前で航行海面が狭まったためでしょう。

第二海堡を過ぎたところからは風の塔が見えるので針路の心配は無しですが、風はすっかり落ちてしまいましたので、メインのみの機帆走で北上中、たまに外を覗いたりしながらのんびりと荷物に成りきり船内でバラスとの役に専念していました。

東京東航路手前で、「BIGBEAR」のS木さんから電話が入り、風の塔手前4nm付近でエンジンが止まったとのこと・・・また、取りきれていない燃料タンク内のゴミが燃料ポンプに詰まったのでしょう・・・・・しかし携帯の電波状況が悪く度々途切れるため、細かい作業方法を伝えることができず、陸上にいるO熊さんに電話、一番近くにいる「DreamQuest」に曳航してもらいながら、修理をするということになり、とりあえず「みずなぎ」はそのまま帰港、私は1620東京夢の島マリーナの桟橋にちょん着けで降ろしてもらい帰宅することができました。

「みずなぎ」のみなさん、煩い荷物の輸送ありがとうございました。
帰宅後も「BIGBEAR」と「DreamQuest」の電話サポートをしましたが、なんとか無事浜離宮にたどり着き、さらに「DreamQuest」はY村さんとN部さんのお二人で2300東京湾マリーナまで戻ったとのことでした。
予定外のエンジンとの格闘と曳航しながらの夜間航行、それぞれの艇のみなさんも大変お疲れさまでした。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

"KIT."

hootaさん、ご無沙汰しております。
「瑤沙」に乗っていた後輩、"KIT."です。
「BACCHUSⅡ」号の写真拝見しました。懐かしいですね〜
低いドグハウスのハンドレールや、ハンクスのジブ等、私のヨットの原風景です。
今でもヨットの絵を描くと、「瑤沙」になってしまいます(笑)

by "KIT." (2009-10-14 14:40) 

hoota

KIT.さん、ご無沙汰です。
「09-02-21 懐かしい1日」にYCCに係留されている「BACCHUSⅡ」の写真があります。
現オーナーのH島さんが、遠くから良く分かりましたねとおっしゃっていましたが、ハルといいドッグハウスといい遠くからでも一目で分かる船体です。

マストサポートのコーチホイッピングは汚れがひどく外してしまったとのことで少々寂しかったですが、内部はパイプバース部分を通常のバースに改修してあった以外、進水当初のままで大変懐かしかったです。
ログブックは全て大切に保管して下さっていましたので、今度ごいっしょにYCCを訪ねてみませんか。
by hoota (2009-10-14 15:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。