So-net無料ブログ作成
検索選択

09-04-30 稲取→妻良 [クルーズ・回航]

昨日は水曜日で稲取の店が定休日だったので、今朝、氷と食材の買出し班と出港準備班に分かれ活動開始、0840伊豆稲取漁港を出港、風は弱いものの北寄りなので、出港後に即メインアップ、針路を南に向けるも風が弱く帆走にならないので、しばし機帆走で南下します。

1000頃になると風が徐々に上がり7~8m/secになってきたのですが、予報よりも早く南に振れ、結局は向かい風、それでも色気を出してヘッドセールを展開してのクローズホールドで1時間ほど帆走を楽しみます。

しかしながら、3回目のタックで爪木崎にヘディングするも潮が入り始めたようでGPSによると船の進んでいる方向は北・・・・・これでは稲取に戻ってしまうということでヘッドセールダウンで機帆走により神子元島の北を抜けて石廊崎を目指す事にしました。

090430_1.jpgところが、いつもの年よりも流れがきつく、対水速力7kn以上なのにGPSによる対地速力は3kn以下という悲惨な状況・・・1230何とか神子元を通過したものの対地は上がらず我慢の機帆走が続きます。

今日は安良里に入港する計画でしたが、早めに入港してのんびりとがもっとうの私は、帰りの行程で入港する予定だった妻良港に入港することにしました。

1545妻良入港、漁港の外側に新しい岸壁ができているという情報は知っていたのですが、その岸壁ができてから入港するのは初めて・・・稲取同様きれいな岸壁です。

港に入って正面の岸壁はやや高く、右側の方が若干低くなっているため、そちらに泊めることにし係船作業を終えた頃、我々の直後に入港してきて奥の漁港へ入っていったヨットが出てきてこちらへ向かってきます。

090430_2.jpgどうやら係船場所が見つからなかったようなので、A藤さんと二人で岸壁に降り、係船場所の確認ともやいを受け取る旨を合図、「Bambino」の前でもやいを取り、「どちらからですか?」、「明日はどちらへ?」というお決まりの挨拶を交わします。

今日はT田さんが交渉してきてくれた民宿でお風呂と夕食ということになり、2時間後に岸壁に戻ると先ほどのもやいを取った艇の前にケッチが入港していて、今日はどうやら3艇で岸壁を独占ということになりそうです。

今年のGWは天気に恵まれているものの、暗くなってからの気温が結構低いので、船内で飲みなおして日付が変わる前に就寝することになりました。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。