So-net無料ブログ作成

W002 方向・方位と針路 [用語解説]

今日は雨で講習会が中止になったので、用語解説第2弾です。

ヨットのみならず海上での見張り(ワッチ)は大切ですが、発見したものをスキッパーやヘルムスに伝えるためには、その方向が必要になります。

よく使用される方法としては、船首を12時、船尾を6時と置き12時間時計の文字盤に例えて方向を伝える方法で、「3時から漁船横切り、5時方向パワーボート同航追い越し」などと言います。
これは、他の人に場所を伝える時にもよく使用され「10時方向に見える煙突のすぐ左側」などと言ったりもします。

これをクロックポジションと言いますが、ヨットなどの移動体では相対的な方向表現で、針路が変われば対象の方向も変わってしまいます。
WS000000.JPG従って風の吹いてくる方向や針路を表す時は通常、左表の32点法(ポイント法)の絶対的な方位を使用し、北北東[NNE]の風4m/secやコース・サウス・バイ・ウェスト[S/W]というように表します。

もっとも、風は振れるので色の付いた16点で表すのが一般的ですし、針路についても360°表示のコンパスやGPSの普及で、000~360までの3桁の数字で°は付けず、045(45°,北東)のように表すことが一般的になりました。
ちなみに、時刻は国内の場合日本標準時[JST]を、外国へ行くような時はグリニッジ標準時[GMT]を24時間表記の4桁の数字で1345(13時45分)のように表します。

しかし、この360°法にはT・M・Cという落とし穴があります(ポイント法でも同じことが言えるのですが、区切りが大雑把なので・・・ヨットには本来こちらの方が向いています!)。
Tは真方位、Mは磁方位、Cはコンパス方位のことで、磁方位は場所によって真方位との差(偏差)があり、コンパス方位は使用するコンパスごとに磁方位との差(自差)があります。

海図でコースを設定したり航跡を記入する場合、真方位[T]を使用するのが原則ですが、ヨットの場合は磁気コンパスを使用する艇が殆どですので、M085(磁針路85°と言う意味)というように磁方位[M]でコースを表し、実際の針路は自差を加味してコンパスで定めます。

コンパスの自差(磁方位との誤差)は、金属性の艤装品等に影響され艇の向いている方角により異なるので、長距離を航海する場合は自差表などを作成して修正しないと大きくコースを逸れてしまうこともあります(海流や風下へ流されるリー・ウェイも影響するので実際は自差だけの問題ではありませんが)。

最近はGPSが普及しているのでこの落とし穴は埋められてしまい、チャートワークを行わなくなってきているのが現状ですが、外洋を航行する場合、電池切れや故障しても困らないよう定期的に現在位置を海図上にプロットしておく事は大切だと思います。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

TBYC

当該対象を軸に時計方向にポジションを指す言い方は余り知られていませんが手術現場でも使われます。モニター画面を見ながら臓器や患部等の方向を指示します。
雑学でした。
by TBYC (2009-01-31 09:28) 

hoota

I川さん、追加情報ありがとうございます。手術現場でも使われているとは知りませんでした!モニター上部が12時なる訳ですね。
わざわざ「移動体」としたのは、陸上の目標を中心に考える場合、北を12時と置いて絶対的方向を示す場合があるため区別しました。
「Bチームは、基地の2時方向から接近、我々は6時方向から接近する」といった具合で、これも当該対象の南北を軸にした例になりますね。
by hoota (2009-01-31 12:21) 

ヨッシー

用語解説No.2も大変勉強になりました。。青と白の縞模様を見ていたら、目が廻ってきました。ワインのせいかもしれませんが、、、。No.3を楽しみにしています。
by ヨッシー (2009-01-31 21:01) 

hoota

ヨッシーさん、
海、空、雲をイメージしたのですが・・・今度はワインをイメージして赤、ピンク、白にしましょうか?余計悪酔いするかも知れませんが・・・
by hoota (2009-01-31 21:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。