So-net無料ブログ作成
検索選択

08-11-25 拗ねた彼女 [クルーズ・回航]

三崎港うらり桟橋に仲良くならんだ「Bambino」と「BIGBEAR」、昨日の「BIGBEAR」を降り、久しぶりに「Bambino」を保田漁港まで回航します。

1125_1.jpg荷物の移し変えや、忘れ物の回収等を終え出港、「Bambino」を走らせるのは夢の島マリンフェスティバル以来だから久しぶりのことになります。最近、メンテのために保田へもなかなか行けなかったので今日は一日じっくりと付き合ってあげましょう!

三崎港を出港すると風はNNE5m/sec程度、南から波長の長い1.5m高のうねりがありますが、「Bambino」には池のようなもの、剣埼沖まで点々とある魚網をかわし終えたところでメインを揚げようととり舵をとると、あれれ・・・舵輪が空回り・・・・・舵輪固定用のネジがはずれてしまっているという報告は受けていたし、固定金具が引っかかりまわり辛くなる可能性は考慮していたのですが、空回りとは・・・

風と波は浅瀬や魚網方向に流される可能性は無いものの、潮は読めないのでステイスルをUPしデッドスローで南東にヘディング、舵輪軸にアクセスするためにコンパスとその下の木の蓋を外しギアを点検すると、舵輪軸と、それと直角にに交わるチェーンギアを固定しているピンが抜け落ちていてどこにも見当たらない・・・舵輪固定金具もずれているのでその隙間からピンが脱落したらしい(出港時には問題無かったので、うねりにゆったりと揺られている最中か!)。

周囲を確認し、船内でピンの代用になりそうなものを探すと抜け落ちない大きさの頭の皿木ネジがあったので、これをピンの刺さっていた穴に差し込んでみると、少々のガタはあるものの舵は動かせる、よし!大きく舵を切らなければ大丈夫そうなのでこのまま保田まで行くことに。

久々にフルセールで保田まで行こうと思っていたのに、これではセールを揚げるわけにもいかず、ステイスルもたたんで機走するしかなさそうです・・・あれ!ジブハリヤードもマストトップで切れている・・・・・・・・・!ごめんね、長い間ほっといて・・・

1125_2.jpg途中浮島沖で見慣れない出港船を回避するため早めに小さく舵を切りやりすごすと、なんと就役前の海上自衛隊のひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが(DDH-181)」ではありませんか!試験航海にでも出るのでしょう、かなりの高速で、前方を横切っていきました。

その少し前、出港ラッシュで8隻もの本船が南下していったのですが、引き波が合成されたらしく1.5m以上ありそうで波頭の砕けた引き波を一発喰らいましたが、あとは問題も無く保田漁港へ到着。

さてさて、大きく舵を切れない状態でホーム岸壁に着岸しなければなりません!ゆっくりと舵を切り大回りでアプローチ、岸壁直前の有効舵速ギリギリでは舵輪を大きく回さないと回頭できないので、普段よりも進入角度を浅くし一軸右回りのエンジン特性を生かして後進で桟橋と平行に・・・無事着岸っと!

風向によっては浮き桟橋に着岸しようと考えていたのですが、幸い東寄りに回って岸壁に寄せる風だったので苦労せずに済みました。

「Bambino」よ、他の人が運航しているときに我慢していたことは褒めてあげる、偉い!これから一杯面倒みてあげるからあんまり拗ねないでね!(まさか・・・ひょっとして「BIGBEAR」に嫉妬?んな訳無いか・・・)

nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 10

NO NAME

Bambinoは赤ん坊です
パパが何処かに行っちゃうから駄々をこねてるんですよ

by NO NAME (2008-11-25 22:37) 

hoota

NO NAMEさん
ですよねぇ~、船齢から言うと二十歳、う~ん・・・
名前からすると駄々、年齢からすると嫉妬?
どちらにしても難しい!です。
by hoota (2008-11-25 23:09) 

TBYC目指せ三宅島の発起人

hootaさんのブログ読んでますよ。
三宅島行きは気象との相談ごと。カレンダーの休みとリンクが難しいところですが、コンピテントクルーを養成して到達の可能性を向上させたいものです。活動範囲が広がって楽しいですからね。
あの船、この船と毎日ヨット三昧、いいなー
ヨットは、手入れが肝心。嫉妬深い赤ん坊の面倒もよろしく。
今は、神戸から岡山に異動になったので、ご一緒する機会がぐっと少なくなった感じです。東京に戻ったらまたよろしく。

by TBYC目指せ三宅島の発起人 (2008-11-26 11:53) 

hoota

発起人さんカキコありがとうございます。
まったくおっしゃるとおりですね。

今度は岡山なんですか~、こちらに戻ってこられるかと思っておりましたが・・・残念です。
私の場合、新しく入会された方を担当することが多いので、ある程度養成すると一人立ちしてしまい、難しいところです。

そう言えば「コンピテントクルー」拝見しました。訳も分かりやすく、初心者用テキストとしては最高です!さすがRYA内容も申し分なしです。安くなりませんか?~~;

またご一緒できることをお待ちしております(早く帰ってきてくださいね)。
by hoota (2008-11-26 12:11) 

目指せ三宅島の発起人

Hootaさん、RYAのコンピテントクルー読んで頂いたそうでありがとうございます。この本は、夢の島マリーナのショップで扱ってもらっています。カラー版の印刷なので、元値がかかっています。ヨット初心者の栄養剤と思いえは、クルージングのエネルギー代と同じほどの価値があります。
クルーの上のデイスキッパーの養成を応援する次の本も作業を開始しました。次のシーズンには間に合わせたいと思っています。
ご期待ください。
by 目指せ三宅島の発起人 (2008-11-26 19:44) 

hoota

発起人さん、それは初耳です(O熊さん、そんなこと言ってませんでした)。
クラブで一括購入して配布してもいいかなぁ?と思っていたもので・・・
確かに、それだけの価値はあると思います!
お忙しい中翻訳大変だと思いますが、デイスキッパー期待しています!
by hoota (2008-11-26 21:10) 

藤山杜人

Hootaさん

いつもスケールの大きいヨットの航海記を読んで、楽しんでいます。
意気地がなく、霞ヶ浦で少しだけセーリングしていますので、読んでいると大きな海でのセーリングが体験しているようです。
それにしても一人の時、舵輪が空回りとは怖い故障ですね。
どんな故障でも自分で直せないと、遭難ですね。
Bambinoは美しい艇ですね。木造艇なのでしょうか?
写真の係留してあるところは三崎魚市場横のゲスト桟橋でしょうか?
くれぐれも御元気にいつまでも海でのセーリングをお楽しみください。
藤山杜人
by 藤山杜人 (2008-11-27 09:17) 

hoota

藤山杜人さん、コメントありがとうございます。

大体はトラブっても対処できるのですが、思い上がり厳禁の世界ですので、安全第一を心がけています。最悪、クラブの他艇の支援やBANなども考慮に入れて航海しています。
「Bambino」は、ハルのみFRPですが、それ以外はオールチークのロングキール艇です。直進性能がずば抜けて良いため、セールアップのための針路変更をしようと舵を切るまで、ピンの脱落に気が付かないほどです。
写真の係留場所は、おしゃるとおり市場(うらり)の前の岸壁です。

霞ヶ浦でセーリングしたことが無いのですが、東京湾の奥と良く似た環境なのかななどと思いながら、藤山杜人さんのブログも拝見させていただいております(以前アウトドアのフィールドインストラクターをしておりましたので、雑木林の写真などに癒されていることが多かったりしますが・・・)。

以前書いておられたと思いますが、ブログを通じてこのような交流をもてることこの上なく、今後ともよろしくお願いいたします。
by hoota (2008-11-27 23:42) 

藤山杜人

Hoota さん

私のブログへ今朝、下記のような記事を掲載しました。
ところで保田港は何処にあるのでしょうか?
ありがとうございました。
敬具、藤山杜人
===========================
海で舵の壊れたヨット
ヨットが趣味なので、ヨットに関する他のブログでもよく見ています。その中に「Hoota’s Yacht Life」というブログ(http://hoota.blog.so-net.ne.jp/)のHootaさんとは「あし友」です。

11月22日から三宅島を目指した航海記は風向きが悪く、伊豆稲取港までしか行けませんでた。風向きが悪いとどのように苦労するか?航海記を克明に書いているのでスリルを感じます。

ところが帰りに三崎港から東京湾の奥の保田港まで、Hootaさんが一人で回航しているとき舵輪が空回りし、舵が動かなくなりました。舵の故障ほど怖いものがありません。素人ながら舵輪は故障の可能性があるので、単純に舵に棒(テラー)が直結したヨットなら安心と思っていました。自分のヨットの舵が壊れたことを想像して怖くなります。

さてHoota さんはどうしたでしょう? 続きはHootaさんのブログをどうぞ。

(終わり)



by 藤山杜人 (2008-11-29 08:57) 

hoota

藤山杜人さん、ご自身のブログの記事にしていただきありがとうございます。
場所は、三崎港からはほぼ東に東京湾を横断した千葉県安房郡鋸南町にあります。
保田漁港には、「ばんや」という温泉(24時間)付きの漁協直営お食事処がありまして、東京湾で船遊びをしている人で知らない人はいない位有名なところです。
http://www.awa.or.jp/home/hota-gk/menu.htm の道案内をご覧いただくのがわかりやすいと思います。
「Bambino」はそこを母港としていて、整備の時などいつもお世話になっています。

もしよろしければ、お書きいただいた記事から、下記URLへトラックバックしていただけるとうれしいです。
by hoota (2008-11-29 19:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。