So-net無料ブログ作成

08-11-13 VTR撮影無事終了! [講習会・行事]

いよいよTV撮影当日、天気は久しぶりに晴れたものの、N10m/sec前後の風が吹いている。

場面設定(ネタばれにならないよう、白石康次郎さんのエピソードとだけ言っておきます)には申し分ない風なのですが、俳優さんとTVクルー合わせて6人が乗艇するとのこと、となると・・・この風の中、タダでも人手を要する繊細な「AGEHA」を3名で操船しなければならないということに・・・・・手伝いに駆けつけてくれた会員のH地さんとH川(K)さんの助けを借りて、まぁ何とかしましょう!

1113_1.jpg桟橋での準備を完了し0830いざ出港です。途中から白石さん役の俳優・田中健太さんに舵を持ってもらい様子をみると、なんと!センス抜群、初めてのティラーさばきとは思えぬヘルムスマンぶりで、これならシングルハンドを想定した撮影も問題なさそうです。

若洲の浅瀬を出たところでメインのみUPし、光の具合と撮影時の安定を確保するためにポートタックのランニングで「海ほたる」方面へ南下しながら撮影を開始(内容はお伝えできませんが、入念な撮影が続きます)。

今日の風だとメインのみでも7~8knの艇速がでるため、全て撮影が終わらないうちに「海ほたる」の手前まで来てしまったので、一旦エンジンをかけて機帆走で北上し、再度南下しながら予定の撮影を終了。

次は?と聞くと、カメラさんが並走しているババリア「BIGBEAR」に乗り移り、外から撮影するとのこと、この風と波の中、慣れている人でも艇から艇へ乗り移るのは大変なことですが、両艇のクルーのサポートにより無事移乗を完了(本日、一番の迫力シーンでしたが、操船に専念する必要があったため、写真を撮れませんでした)。

1113_2.jpg今度は、俳優さん1人が乗っている状態を撮影するとのことなので、多少操船をミスっても安全なように機帆走でクローズドリーチにして俳優さん以外は全員バウへ退避・・・「ハイ、本番!・・・・・
・・・・・・・・ハイ、OK!」

次は、俳優さん一人がバウに立ってアビームでの帆走を前方から撮影するとのこと・・・・・TVも本艇も、クルーは全員船内とコックピットへ隠れる事に!前が全く見えない状態で、ババリアの1艇身後ろを付いて行くのは冷や汗もんでした(なんせ、風をちゃんと入れてしまうと帆走だけでもババリアを追い越してしまう程だったので)。

OKが出たところで、本日の我々の役目は終了。ホームバースへ戻ってから船内の撮影をするという事なので、そのままの針路で帰港することにしました。

途中、女性TVクルーに緊急事態発生!なんせ、「AGEHA」にはトイレが無い!波の穏やかな荒川河口まで我慢をお願いし、またまた「BIGBEAR」に並走しながら移乗、しばらくして「BIGBEAR」の船内から出てきた彼女の顔は、晴れやかでした!(彼女の名誉?のために付け加えますが、船酔いしたのは、両艇合わせて男性TVクルー5名のみ?でした)

無事帰港後、船内撮影の終了を待って、フィッティング解除し整頓して解散しました。「AGEHA」、「BIGBEAR」の両艇それぞれで手伝って下さった会員のみなさん、大変お疲れさまでした。

なお、本日撮影したVTRは、来年の1月19日(月)21:00~21:53、日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」で放映予定だそうです。[田中健太さんのプロフィール]

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 6

カメラ

チワー、お疲れ様でした。
走るAGEHAに初めて乗船、あの風でしたから、楽しかったあ”””
Hootaさん、H川さん、有難うございました。操船には何も寄与していないのに、すご~く楽しんじゃいました。
それにしても、あの俳優の田中健太さん、ティラーさばき上手かったですね。また、ディレクターやカメラさん、そしてメイクさんをはじめとして、揺れるAGEHAの上で、撮影クルーもホント苦労しながらも、がんばっていましたネ。彼らの苦労を回想しながら、編集された番組を見たら、一味違うかもしれません。
それと、KAZAMIDORIへのご案内、有難うございました。むろん、私の好きなタイプの船でありますこと、言うまでもありません。
by カメラ (2008-11-13 22:51) 

hoota

カメラさんもお疲れさまでした。
メインのみの帆走で機走のババリアが追いつけない位なんですから、フルメンバー乗せてフル帆走したら豪快だったでしょうねぇ!
今日のシュチュエーションで、「KAZAMIDORI」だったらなんて想像してました。もっと楽でもっと早かったでしょうね(下りは特に)。

同じシーンを角度変えたりで何回も演じるのって大変そう。でも田中さん、お仕事以上に楽しんじゃってましたね(撮影終わって帰りのレグではいつの間にかカメラさんからティラー引き継いでましたし・・・)。

記事の最後に、田中健太さんのプロフィールにリンク張っときました。出港時、私の立ち位置やエクステンションの使い方を観察してるの分かりましたし、さすがプロだなって思いましたよ。
by hoota (2008-11-13 23:38) 

TBYC

M利さん、お疲れ様でした。
ログを読みながら冷や冷やしましたよ。
TVクルーも前を見ないで操船させるなんて、めちゃくちゃなことをさせますね。
アゲハがぶつかったら一巻の終わりです。何せカーボンなので当てたら終わり。一気に破断、浸水です。昔江ノ島でフルカーボン製のディンギーが、ほんとにちょっとスターボー艇に当たったと思ったら、あっという間にブクブク沈んでいくのを見てびっくりしたものです。
M利さんが操船でほんと良かったです。
僕なら絶対引き受けなかったと思いますよ。
by TBYC (2008-11-14 10:32) 

hoota

いや~仰せのとおり当てたら終わりなので、冷や汗ものでした。
ティラーを握って伏せているものですから、先行するババリアのマストを見て距離を測ってました(風が振れたら何時でもメインを出せるように、メインシートを左手から離せませんでしたし)。
接近しすぎたらこちらが下へ逃げるということは確認済みでしたので、後はババリアのO熊さんを信頼して・・・てな感じです(この時は少し風を抜き気味にして、ババリアの方で距離を調整できるようにしてましたので)。
できれば、二度とやりたくは無いですね。特にアゲハでは・・・
by hoota (2008-11-14 23:12) 

tokyobay

しゅうです。

やっぱあれですか、船酔いTVクルーは
オレン(ry
by tokyobay (2008-11-15 00:04) 

hoota

シュー(ズを落とした)さん
オレン××ュースは撮影用で、だれも飲みませんでした。
実地検証するいい機会だったのにねぇ!
by hoota (2008-11-15 01:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。